___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
薛 珠麗
profilephoto

薛 珠麗(せつ しゅれい)と申します。
演劇をつくる仕事をしています。

外国人演出家の通訳や演出補からスタートし、一時は5足のワラジをはいて
いましたが、現在は【戯曲翻訳】【演出】に主軸を移しています。

専門は英語と日本語、ストレートプレイとミュージカルです。

【英語で読むミュージカル】と題した講座も開催、講師を務めています。

*****

ちなみに父親中国人、母親日本人、わたし自身は日本国籍ですが、
アイデンティティは「日本人」よりも「ハマッ子」です。
日本語と英語のバイリンガルで、中国語は一っ言も出来ません。

ベニサン・ピットをベースに、tpt(シアタープロジェクト・東京)にて
英米人演出家の通訳として演劇活動を始め、やがて戯曲翻訳、演出補と
活動が広がっていき、演出や劇作にも進出。

デヴィッド・ルヴォーとロバート・アラン・アッカーマンの
通訳及び演出助手/演出補をそれぞれ10年以上つとめた他、
ロベール・ルパージュ、フランク・ワイルドホーンなどの通訳も。

翻訳戯曲はベニサン・ピットの他パルコ劇場、日生劇場などでも上演され、
2009年にはRウィルソン作『バーム・イン・ギリヤド』で
第1回小田島雄志翻訳戯曲賞をいただきました。

最近はミュージカルに携わることも増え、2014年には世界初演作品
『レディ・ベス』の翻訳で帝国劇場デビュー。

演出家としては、ベニサン・ピットを始め、シアターX、
みゆき館などでこれまでの経験を活かし海外戯曲の演出を手掛けて
いますが、2013年6月、久しぶりの演出作では日本の戯曲にチャレンジ。

2008年には世田谷パブリックシアター『1945』で劇作デビュー。

劇場から【より生きる】エネルギーやヒントを発信するべく、
【戯曲翻訳】【演出】【劇作】という3足のワラジを軽やかにはきこなして
いきたいです!


詳細なプロフィールはこちらの記事をご参照ください。

芝居を始めるようになった経緯はこちらに。

最近はtwitterで呟くことも多いです。
Twitter での呟きはこちらにまとめてあります。

最近は note でも書いたものを少しずつ発表しています。

ブログのタイトルになっているのは「そこにいた痕跡」「証拠」
という意味の、英語です。

プロフィール写真は、岩本慶三氏による、2013年3月24日のわたしです。

メッセージ等は
shurei.officialアットマークgmail.com
までお願いいたします!

よろしくお願いします^^
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links