___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イマジネーション新時代 〜終わりか、始まりか。 | main | 二月大歌舞伎 >>
# 16年と108日ぶり。(拍手コメントお返事追記)
16年と108日前に、たぶん生涯で一番好きな役者に死なれた。

彼に会ったことはない。のちに共通の知り合いはできたが。
(共通の知り合いはわたしの元の師匠でボスでパートナーで、
奇しくも彼が亡くなる前夜に最後のディナーをした相手だ)

本当にいい役者なのだ。絶対に誰にも追い抜けないと言い切れる。
わたしにとっても世界にとっても唯一無二の才能は、
早すぎる、そして悲惨すぎる死に方でこの世を去った。
しかもその死は彼自身のせいでしかなく、
わたしはそれが哀しすぎて許せなくて、
そしてこの才能がこの世から失われたことに向き合えなくて、
大好きでたまらない彼の演技をわたしはその日から見ていなかった。
見ることができなかった。

わたしは役者の演技というものが大好きでたまらない、仕事にしたくらい。
中でも一番好きな演技を、もう16年以上も我慢せざるを得なかったわけだ。
彼が許せなくて。神さまが許せなくて。

ところが、色んなタイミングが合って、昨夜とうとう、封印を解いた!

わたしと同い年の彼は、まるでもう、息子?くらいな年齢になっている。

若すぎる死を迎える役なので、彼を重ねて最後は歯の根が合わないほど
泣いてしまった(ってこれは寒い時の表現だけど、本当に歯が
ガチガチ鳴るほど号泣したのだもの)彼が映るパソコンの画面を、何度
そっと撫でてしまったことか‥‥(←そっとしておいてやってください)

‥‥でも、それよりむしろ。

歓びの方が大きい自分に、本当にびっくりした。

やっっっぱり好き。

本っっ当にうまい。

何っっという輝き!

彼の輝かしい未来を奪った神と彼自身への怒り哀しみよりも、
時を経た今、少しも色褪せない彼と会える、この奇跡を噛みしめる。

最後に彼の演技を見た時よりも目が肥えてるはずのわたしだけど。。
(っていうより、肥えてなきゃ嘘なんだけど。。)
やっぱり世界一うまいよ〜
やっぱり宇宙一かっこいいよ〜
やっぱりこんな好きな役者いないよ〜

久しぶりに会えて、嬉しい。
生まれてくれてありがとう。
映画に出てくれてありがとう。

とにかくわたしはまた、一番好きな役者の演技が見られるようになった!
めっちゃくちゃ、嬉しいっ♪



薛珠麗(せつ しゅれい)


追伸:拍手に添えていただきましたコメントへのレスを続きに追記します。


kurageさま:

拍手にコメントまでいただきましてありがとうございます。

はい、あれほど夭折した映画俳優もそれほどいないので、多分
kurageさんが思ってらっしゃる人で正解だと思います。
わたしは映画はそれほど好きでも詳しくもないですが
10代の時に大好きになった彼の演技ほどわたしにとって
大好きな演技はありません。悲しいことに出演作の多くが
少しずつ忘れられている中、いつもまでも愛される作品もあります。
「もっともっと素晴らしい作品を生み出してほしかった」と
泣き暮らした日々もありましたが、これだけの名作を短い生涯で
残せたなんて本当に凄いことだ奇跡みたいだ、と今は思います。
機会がありましたら、どうか見てやってください。
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:14 | category: |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shurei-s.jugem.jp/trackback/66
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links