___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『橋からの眺め』『ガラスの動物園』の男たち | main | 薛 珠麗ワークショップ新名称 & 情報発信ブログ開設のお知らせ >>
# 2016年10月13日、ミシェル・オバマの演説より。(追記あり)


何と力強い言葉だろう。
信念に裏づけられた言葉の、力強さ故の、美しさ。


2016年10月13日、ニューハンプシャー州マンチェスターにおける
アメリカ合衆国ファーストレディ=ミシェル・オバマによる、民主党の
大統領候補=ヒラリー・クリントンへの、応援演説。



ネット上に訳した人は他にもいらっしゃるが、
わたしの耳に聞こえてくる日本語をどうしても文字にしておきたくて、
訳してみた。

2016年10月27日追記:改めて、こちらに全文の和訳を掲載しました。
こちらに掲載した分の倍の長さがありますので、よろしければ。


原文はこちら、BBCのサイトより


__________________________________

So I'm going to get a little serious here, because I think we can all agree that this has been a rough week in an already rough election. This week has been particularly interesting for me personally because it has been a week of profound contrast.

というわけでここで私は皆さんに、少々真剣に、語りかけたいと思います。
ただでも苦しい今回の大統領選挙で、今週1週間は特に苦しかったと、
皆さんにも同意していただけるんじゃないでしょうか。
私にとっては特に印象的な1週間になりました。
何故なら、あまりに対照的だったからです。


See, on Tuesday, at the White House, we celebrated the International Day of the Girl and Let Girls Learn. And it was a wonderful celebration. It was the last event that I'm going to be doing as First Lady for Let Girls Learn. And I had the pleasure of spending hours talking to some of the most amazing young women you will ever meet, young girls here in the US and all around the world.

ホワイトハウスで International Day of the Girl (国際ガールズ・デイ)と
「Let Girls Learn (女子に学ぶ機会を)」を祝ったのが、火曜日でした。
素晴らしい集まりでした。私がファーストレディとして「Let Girls Learn」の
ために開催する最後のイベントでもありました。そこで私は、何人もの、
2人といないような素晴らしい少女たちと何時間も語り合うことが
できました。ここアメリカだけでなく、世界中からやってきた少女たちです。


And we talked about their hopes and their dreams. We talked about their aspirations. See, because many of these girls have faced unthinkable obstacles just to attend school, jeopardizing their personal safety, their freedom, risking the rejection of their families and communities.

少女たちの将来、夢について語り合いました。希望について語り合いました。
少女たちの多くは、学校に通う、それだけのために、私たちには考えられない
ような障害を乗り越えなくてはなりません。
学校に通うだけで、毎日の安全な生活や自由が、脅かされるのです。
家族や社会から、排除されるのです。


So I thought it would be important to remind these young women how valuable and precious they are. I wanted them to understand that the measure of any society is how it treats its women and girls. And I told them that they deserve to be treated with dignity and respect, and I told them that they should disregard anyone who demeans or devalues them, and that they should make their voices heard in the world.

そんな少女たちに、私は伝えなくてはならないと思いました。
一人一人が掛け替えのない、大切な存在だと。
いかなる社会も、女性や少女をどのように扱うかでその真価が決まるのだと。
一人一人に、大切にされ尊重される権利がある、
だからもし、あなたを軽視し、品性を侮辱する者がいたなら、
いかなる相手であっても耳を貸すに値しないと。
そしてあなたたちの声を、世間に、世界に、届けなくてはならないと。


And I walked away feeling so inspired, just like I'm inspired by all the young people here and I was so uplifted by these girls. That was Tuesday.

それは大いに触発される、豊かな時間でした。
ここにいる若い皆さんに今こうして触発されているように、
私はその少女たちから、勇気をもらいました。
それが火曜日のことです。


And now, here I am, out on the campaign trail in an election where we have consistently been hearing hurtful, hateful language about women - language that has been painful for so many of us, not just as women, but as parents trying to protect our children and raise them to be caring, respectful adults, and as citizens who think that our nation's leaders should meet basic standards of human decency.

そして今日私は、大統領選挙のキャンペーンのために、
こうして皆さんに語りかけています。
今回の大統領戦で私たちは、女性に対する憎むべき発言の数々を
ひっきりなしに聞かされてきました――私たち女性にとって、
耳にしただけで傷つく言葉ばかりです――女性ばかりではありません、
子供たちを人への思いやりと配慮にあふれた人間に育てたい親として、
国家の指導者はせめて、人間としての基本的な品性を持っていてほしいと
考える一市民として、聞くに耐えない言葉ばかりです。


The fact is that in this election, we have a candidate for president of the United States who, over the course of his lifetime and the course of this campaign, has said things about women that are so shocking, so demeaning that I simply will not repeat anything here today. And last week, we saw this candidate actually bragging about sexually assaulting women. And I can't believe that I'm saying that a candidate for president of the United States has bragged about sexually assaulting women.

今回の選挙で私たちは、
女性を貶め続けてきた人物をアメリカ合衆国大統領の候補者として
迎えてしまいました。
選挙戦を通し、いや人生を通してされてきた発言の数々は
あまりにおぞましく、ここで口に出すことすら憚られます。
そして先週、私たちはこの候補者が、
女性への性的暴行を自慢する発言を耳にしました。
自分で口にしながら、信じられない言葉です。
女性に対する性的な暴行行為を自慢する人物が、
アメリカ合衆国大統領の候補者である。


And I have to tell you that I can't stop thinking about this. It has shaken me to my core in a way that I couldn't have predicted. So while I'd love nothing more than to pretend like this isn't happening, and to come out here and do my normal campaign speech, it would be dishonest and disingenuous to me to just move on to the next thing like this was all just a bad dream.

このことがどうしても、頭を離れません。
想像を遥かに超えて、私という人間の一番芯の部分まで
脅かされている気がしています。
こんなことは起きていないというフリができたなら、
どんなにいいでしょう。
しかしもし私が、何事も起きていないという顔をして
通常通りの選挙応援演説をしたならば、
これは悪い夢だったのだと、全て忘れて次に進もうと説いたならば、
嘘をつくことになります。不正を行うことになります。


This is not something that we can ignore. It's not something we can just sweep under the rug as just another disturbing footnote in a sad election season. Because this was not just a "lewd conversation". This wasn't just locker-room banter. This was a powerful individual speaking freely and openly about sexually predatory behavior, and actually bragging about kissing and groping women, using language so obscene that many of us were worried about our children hearing it when we turn on the TV.

これは、無視していいことではありません。
残念な大統領選挙で数々起きたおぞましいエピソードの一つとして
片づけていいことではありません。
何故なら、これは単なる「わいせつな発言」ではないからです。
男性ロッカールームの軽口ではないからです。
権力を持つ人間が、権力を持ってさえいれば他者を性的な食い物にしていいと、
当たり前のことのように語ったのです。
女性にキスをし体に触ると、さも自慢げに語ったのです、
それも、子供たちにはとても聞かせられないような卑猥な言葉を使って。


And to make matters worse, it now seems very clear that this isn't an isolated incident. It's one of countless examples of how he has treated women his whole life. And I have to tell you that I listen to all of this and I feel it so personally, and I'm sure that many of you do too, particularly the women. The shameful comments about our bodies. The disrespect of our ambitions and intellect. The belief that you can do anything you want to a woman.

しかももっと悪いことに、これが1回きりの出来事ではないのは明らかです。
この候補者が人生を通して女性をこのように軽視してきたという、
これは、数えきれない例の一つでしかありません。
私は聞いていて、我が事のように感じます。
皆さんの多く、特に女性は、同じように感じているのではないかと思います。
女性の体への、恥ずべき発言。
私たちが持っている向上心や知性に対する侮辱。
女性には好きなことをしても許されるという考え。


It is cruel. It's frightening. And the truth is, it hurts. It hurts. It's like that sick, sinking feeling you get when you're walking down the street minding your own business and some guy yells out vulgar words about your body. Or when you see that guy at work that stands just a little too close, stares a little too long, and makes you feel uncomfortable in your own skin.

これは残酷です。
恐怖です。
そして実際、私たちは傷つけられています。
傷つけられているのです。
ただ道を歩いているだけなのに男性から体のことで
下品な言葉を投げつけられた時の、
あの悔しさ、
地面に引き摺り込まれるような、あの気持ちと同じです。
あるいは職場で、不自然に体を近づけられたり、
じろじろとした目線に晒された時の、
身の置き所がないような、あの気持ちと同じです。


It's that feeling of terror and violation that too many women have felt when someone has grabbed them, or forced himself on them and they've said no but he didn't listen - something that we know happens on college campuses and countless other places every single day. It reminds us of stories we heard from our mothers and grandmothers about how, back in their day, the boss could say and do whatever he pleased to the women in the office, and even though they worked so hard, jumped over every hurdle to prove themselves, it was never enough.

あまりに多くの女性が、
大学のキャンパスで、その他のあらゆる場所で、
どんなに拒絶しても聞き入れてもらえず、
乱暴な扱いをされたり辱められたりしています。
未だに日々、繰り返されているそういった行為と、
これは同じなのです。
私たちは思い出さずにいられません、
母やその母たちから聞かされてきた、
職場の上司たちがどんな言動をしても許された時代の話を。
私たちの母、その母たちが、どんなに必死に働き、
あらゆるハードルを越えて見せても、
決して正当な見返りが与えられなかった時代の話を。


We thought all of that was ancient history, didn't we? And so many have worked for so many years to end this kind of violence and abuse and disrespect, but here we are, in 2016, and we're hearing these exact same things every day on the campaign trail. We are drowning in it. And all of us are doing what women have always done: We're trying to keep our heads above water, just trying to get through it, trying to pretend like this doesn't really bother us maybe because we think that admitting how much it hurts makes us as women look weak.

そんなのはもう遥か昔のお話だと、誰もが思っていたはずです。
違いますか。
私たちの多くが、何年も何十年も、
このような暴力、不当、軽蔑を二度と受けなくて済むよう、
働き、尽くしてきました。
それなのに今、2016年になって、その頃と何一つ変わらない話を、
しかも大統領選挙で、毎日毎日聞かされているのです。
溺れてしまいそうなほど、聞かされているのです。
そして私たちは、これまで全ての女性がそうしてきたように、
顔を上げます。
溺れてしまわないように、向こう岸までどうにか泳ぎ切れるように。
私たちは一生懸命に「気にしません」という顔をします、
傷ついていると認めてしまったら弱みを見せることになるから。


Maybe we're afraid to be that vulnerable. Maybe we've grown accustomed to swallowing these emotions and staying quiet, because we've seen that people often won't take our word over his. Or maybe we don't want to believe that there are still people out there who think so little of us as women. Too many are treating this as just another day's headline, as if our outrage is overblown or unwarranted, as if this is normal, just politics as usual.

私たちは弱みを見せることを恐れているのかもしれません。
全ての感情を呑み込んで、何も言わないでいることに、
私たちは慣れてしまったのかもしれません。
それは、男性の言い分ばかりが通って、
私たちの言葉は聞き届けられないから。
或いは、女性を軽視する人々が未だにこんなにたくさんいることを、
私たちは信じたくないのかも知れません。
これは毎日更新されるニュースの一つでしかないと、考える人が多すぎます。
私たちの憤りは大げさだ、騒ぎすぎだと、考える人が多すぎます。
これくらい普通、よくある政治だと、考える人が多すぎます。


But, New Hampshire, be clear. This is not normal. This is not politics as usual. This is disgraceful. It is intolerable. And it doesn't matter what party you belong to - Democrat, Republican, independent - no woman deserves to be treated this way. None of us deserves this kind of abuse.

しかし、ニューハンプシャーの皆さん、いいですか。
これが普通なわけがありません。
よくある政治なわけがありません。
これは恥ずべきことです。許しがたいことです。
民主党、共和党、無所属――どの政党に属していようと、
いかなる女性もこのような扱いを受けていいわけがありません。
このような不当を受ける謂れは誰にもありません。


And I know it's a campaign, but this isn't about politics. It's about basic human decency. It's about right and wrong. And we simply cannot endure this, or expose our children to this any longer - not for another minute, and let alone for four years. Now is the time for all of us to stand up and say enough is enough. This has got to stop right now.

これは選挙戦なのかも知れませんが、断じて政治ではありません。
これは、人間としての基本的な品性の問題です。
何が正しく、何が間違っているかの問題です。
私たちはこれ以上耐えることも、
子供たちを危険にさらすこともできません――これ以上、1分たりとも。
4年間などもってのほかです。
立ち上がって「いい加減にしろ」と言う時が来たのです。
今ここで、終わらせなくてはならないのです。


Because consider this. If all of this is painful to us as grown women, what do you think this is doing to our children? What message are our little girls hearing about who they should look like, how they should act? What lessons are they learning about their value as professionals, as human beings, about their dreams and aspirations?

何故なら、考えてもみてください。
大人の女性でさえ傷つくのです、
子供たちに一体どれだけの影響があるでしょう。
幼い娘たちに、大人になったらそんな女性になってもいいと、
そんな言動をしてもいいと、
思わせてしまっていいのでしょうか?
そんなことで、
一人のプロフェッショナルとしての価値、
一人の人間としての価値、
一人一人が持つべき夢や向上心を、
教えることができるのでしょうか?


And how is this affecting men and boys in this country? Because I can tell you that the men in my life do not talk about women like this. And I know that my family is not unusual. And to dismiss this as everyday locker-room talk is an insult to decent men everywhere.

そして、我が国の男性や少年たちにも、
一体どれだけの影響があるか。
これだけは断言できます。
私の周りの男性に、女性のことをあのように言う人は
一人としていません。
そして私の家族は何も特別ではありません。
あの発言をロッカールームでの日常的な軽口と片づければ、
品性ある男性全てを侮辱することになります。


The men that you and I know don't treat women this way. They are loving fathers who are sickened by the thought of their daughters being exposed to this kind of vicious language about women. They are husbands and brothers and sons who don't tolerate women being treated and demeaned and disrespected. And like us, these men are worried about the impact this election is having on our boys who are looking for role models of what it means to be a man.

私や皆さんの周りの男性はあのように女性を軽視しません。
彼らは、あのような悪意ある言葉が娘に向けられることを良しとしない、
愛に溢れた父親です。
女性があのように扱われ、貶められ、軽蔑されることを許さない、
夫であり、兄弟であり、息子です。
そして彼らは、私たち女性と同じように、案じています。
男性としての規範を探している少年たちがこの選挙戦を見て、
どんな影響を受けるだろうかと。


In fact, someone recently told me a story about their six-year-old son who one day was watching the news- they were watching the news together. And the little boy, out of the blue, said: "I think Hillary Clinton will be president." And his mom said: "Well, why do you say that?" And this little six-year-old said: "Because the other guy called someone a piggy, and you cannot be president if you call someone a piggy.”

こんな話を聞きました。
6歳の男の子が家族でニュースを見ていて、突然言ったそうです。
「僕はヒラリー・クリントンが大統領になると思うよ」
お母さんは聞きました。
「そう、でもどうしてそう思うの?」
すると、6歳の男の子はこう答えたそうです。
「だって、あっちのほうは誰かのことを子豚って言ったでしょ。
人のこと子豚なんて呼ぶ人は大統領にはなれないよ」

So even a six-year-old knows better. A six-year-old knows that this is not how adults behave. This is not how decent human beings behave. And this is certainly not how someone who wants to be president of the United States behaves.

6歳の子供の方がまだ分かっているということです。
大人のすることではないと。
品性のある人間の言動ではないと。
アメリカ合衆国大統領になろうという人物の言動ではないのは
言うまでもありません。


Because let's be very clear. Strong men - men who are truly role models - don't need to put down women to make themselves feel powerful. People who are truly strong lift others up. People who are truly powerful bring others together. And that is what we need in our next president. We need someone who is a uniting force in this country. We need someone who will heal the wounds that divide us, someone who truly cares about us and our children, someone with strength and compassion to lead this country forward.

何故なら。
強い男性――本当の意味で規範となる男性は、
自分が強いフリをするために
女性を貶める必要はありません。
本当に強い人間は、周りの人々を高めるのです。
本当に力を持つ人間は、人と人とを結びつけるのです。
次期大統領に必要なのは、そういう人間です。
我々を一つにしてくれる人を、我々は必要としています。
この国を分裂させているあらゆる傷を癒す人。
我々そして子供たちの幸せを親身に案じる人。
この国を前進させるために必要な強さと思いやりを持つ人。


And let me tell you, I'm here today because I believe with all of my heart that Hillary Clinton will be that president.

そして私が今日ここに来ているのは、
心の全てで信じているからです。
ヒラリー・クリントンこそがその大統領であると。


__________________________________


薛 珠麗(せつ しゅれい Shurei Sit)
web拍手
| comments(0) | - | 01:16 | category: |
コメント
コメントする









Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links