___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2016夏 アメリカ名作戯曲ワークショップのお知らせ | main | 2016年10月13日、ミシェル・オバマの演説より。(追記あり) >>
# 『橋からの眺め』『ガラスの動物園』の男たち
おかげさまで、昨日より参加申し込みの受付を開始した
アメリカ名作戯曲ワークショップ(『橋からの眺め』『ガラスの動物園』)
たくさんのお申し込みをいただいています。

‥‥というより、『ガラスの動物園』の女性に限っていえば、
定員の3倍を超えるお申し込みがありました。
追加開催が出来ないかと、現在検討中です。

わたしは『橋からの眺め』は男性にとって非常に魅力的な戯曲だと考えています。
先日ナショナル・シアター・ライヴで上映されたイヴォ・ヴァン・ホーヴェ
演出版を見てそれを実感された方も多いのではないかと思います。

主人公エディは、家族を守るために港で荷揚げの仕事をする日々を
淡々と生きる、一見ごく単純な男ですが、自分の心に起きていることが
どうしても認められずに悶え苦しみます。彼は愛してはならない相手、
娘のように育てている姪のキャサリンを、愛してしまったのです。
その果てに、とうとう、彼の暮らす社会で最も憎まれる行動、決して
赦されない行動に、出てしまうのです。

エディが相談を持ちかける弁護士アルフィエーリは、全てを目の当たりに
しつつ、崩壊を食い止められなかったという、後悔に苛まれます。
そしてエディを襲った悲劇を、時代や場所を超越した眼差しで見つめ、
観客に語りかけます。

ニューヨークに住むエディ一家を頼ってイタリアからやってくる親戚の
ロドルフォは、エディの悲劇の発端となる人物です。
明るくて器用で賑やかでおしゃべりで夢見がちで、一見軽佻浮薄な青年に
見えますが、現実や人の心を真っ直ぐに見つめる誠実さと抜け目なさと、
そして夢を夢に終わらせない底力のようなものを持った、
男気のある人物だと思います。

ロドルフォの兄マルコは更に男気がある人物です。弟のように余計なことを
喋らず、国に残してきた病気の子供と働き者の妻のことを、
ひたすらにひたすらに、想っています。大切な人が脅かされた時には、
命さえも厭わない__彼の中に流れているのは、紛れもなくイタリアの、
それも、シチリアの血です。

わたしは何故だか業の深い戯曲に多く携わってきた気がしますが、
「一番業の深い戯曲はどれだったか」と人に訊ねられた時には、
決まって『橋からの眺め』と答えています。
17年も前になりますが、tpt(シアタープロジェクト・東京)が
わたしの師の一人であるロバート・アラン・アッカーマン演出で上演した
際、わたしは戯曲の翻訳と演出家の通訳兼助手を務めました。
エディ役の堤真一さんは当時、34歳でした。キャサリンの父親のような
年齢の俳優が演じるエディにも苦悩がありますが、キャサリンと色々な意味で
お似合いなエディは、更に切実に苦しかった記憶があります。

しかし『橋からの眺め』の業の深さは何もエディだけのものではありません。
登場人物の誰もが、大切な人を大切に、大切なものを大切に、しただけ
なのに、彼らを飲み込む運命は全員にとって取り返しのつかない悲劇です。
そしてその原動力となっているのは、必死に生きている男たちなのです。

『ガラスの動物園』も、繊細なイメージを持たれることの多い戯曲かも
しれませんが、やはり男性にとって魅力的な戯曲ではないかと思います。

作者テネシー・ウィリアムズの自伝的な物語とされているこの戯曲。
描かれているのは母アマンダ、娘ローラ、その弟トムの3人家族ですが、
劇の語り手でもある弟トムはテネシー・ウィリアムズそのものと
言われています。詩人になりたいという創作への欲求と相容れない、
母親との確執。そしてか弱き姉ローラへの愛。
劇のラストで全てを振り切って飛び出したトムが、流離の日々の果てに、
深い哀惜の念を込めて語り始める物語が、この『ガラスの動物園』
なのです。テネシー・ウィリアムズは劇中でこの劇を【追憶の劇】と
呼んでいます。ローラは20代前半、トムはその弟ですが、戯曲で描かれる
ラストよりずっと時を経た時間軸から過去を振り返っている、という設定である
ため、ローラよりずっと年上の俳優をキャスティングすることも多い戯曲です。

『ガラスの動物園』には唯一家族でない人物がいます。
ローラのハイスクール時代の憧れの人で、現在ではトムの同僚である、
ジムという青年。一人として現実の世界に適応できる人間のいない
この一家を訪れる彼は、高校時代、文武両道に秀でたヒーローでした。
一見、日本の少女漫画にしか出てこないような絵に描いたような二枚目キャラ
ですが、果たしてそうでしょうか?
彼が高校時代に発揮した輝きは、時代の激変を前に、自らの人生の節目を
前に、今や風前の灯です。
彼もまた、「ガラスの動物園」の檻の中、脆く壊れやすい、ガラスの動物
なのだと思います。しかしそれに抗い、意欲的に人生を切り開こうとしている
ジムは、とても魅力的な人物だと思います。

『橋からの眺め』と『ガラスの動物園』という2本の名作戯曲に登場する、
この魅力的な男たちに挑戦する俳優からのお申し込みを、心よりお待ちしています!

詳細はこちらからどうぞ! → リンク


薛 珠麗(せつ しゅれい Shurei Sit)
web拍手
| comments(0) | - | 21:32 | category: WORKSHOPS |
コメント
コメントする









Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links