___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『レディ・ベス』稽古〜140321 | main | 『レディ・ベス』稽古〜140323 >>
# 『レディ・ベス』稽古〜140322
この段階になると、1日に稽古する範囲が広くなります。
つまり、場面の数が多いから、カンパニー勢揃いの時間が長くなる。
コミュニケーションも増えるし、確認事項も増えるし、そうやってザワザワしている
間に共有するものが増えていって、作品が一気に生きものになっていく。
そんな時期です。

そのプロセスの中でわたしにとって面白いのは、【ダブルキャスト】ということ。

わたし、実はダブルキャストの作品にちゃんと携わるの、初めてなのです。
わたしは実は観客としても【ダブルキャスト】という方法にほとんど興味がなく、
初めて観た際のキャストが良かったら、複数回数観る時や再演の時も、同じ
キャストで観ることが多いタイプ。

しかし今回は何しろ新作なのと、意図的に(としか思えない!)物凄く異なった
個性を持つ皆さんがダブルで配役されているということで、とても面白いことに
なっています。演出は同じなのですが、伝わるものが違う‥‥うまく説明が
できないので、是非観客の皆さんそれぞれの目で確かめていただきたい部分です。

本番が開ければ同じ舞台に立つことのないダブルの皆さんは、稽古場では
面白いくらい皆さん物凄く仲良しです。何しろ稽古スケジュールも一緒だし、
共有しなければならない情報や助け合わなきゃならない局面も多いし。。

通常はまず相手役と図るコミュニケーションを、まず同役の人同士で行う。
その上で相手役やよく絡む役の人と皆さんうまくコミュニケーションを取るわけで、
何だかそれぞれの個性が際立つ関係性が生まれやすいのかな?そんな印象です。

それが長丁場の本番の舞台でどのように熟成されるか‥‥そこもかなり楽しみです。



薛 珠麗(せつ しゅれい Shurei Sit)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:36 | category: LADY BESS |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shurei-s.jugem.jp/trackback/341
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links