___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月のニューヨーク | main | ミュージカル『MITSUKO』テレビ中継 >>
# 横濱の「買弁」
神奈川芸術劇場に『太平洋序曲』を観に行って、こんなことを
思い出した。

2年前に書いた文章で申し訳ないが、ここに再掲する。

*****

『横濱の「買弁」』

                    2009年7月24日付け

最近、新しい言葉を覚えた。

「買弁」。「ばいべん」と読む。

Excite辞書によれば:
1)中国で、清朝末期から新中国成立まで、外国資本と結びつき
  自国内の商取引の仲立ちをした中国商人。次第に資本を蓄え、
  二〇世紀初頭には財閥に成長した。
2)自国の利益を顧みず、外国資本に奉仕して私利をはかる者。

実は、世間一般の日本語では2の用法の方が多く見られる。
アメリカにすり寄る政治家などを指して使われることが多いようだ。

わたしが先に知ったのは1の方の意味だった。
横濱の、特に中華街の歴史を調べていると、開港当時に西洋人の
商人たちと江戸の人々の間に立って通訳や仲介をしていたのは
主に中国人だった。「通訳」とか「仲介」くらいの気軽なニュアンスで
彼らを指す時に頻繁に使われる。

しかし、間に入って交渉を受け持つ人間は、全ての仕組みやからくり、
秘密や弱みやタイミングを知ることが出来るからだろう、中国では
歴史的に次第に影響力を持つに至った。故に怖れられ蔑まれたのだろう、
皮肉を込めて2の意味が派生したようだ。

わたしは父親の代から横濱に住んでいる浜っ子で、その父親も
福建省の田舎で生まれて香港で育った人間だから、別にわたしは
その「買弁」を祖先に持つわけでもなんでもないのだが、
中国商人&横濱商人の血が流れているのは間違いないわけで、
なるほど、わたしが長く務めていた「ツーヤク及び交渉事を仲介する」
という仕事はわたしの血に流れている生業の一つだったのか、
どうりで得意だったはずだ、と妙に納得した。

そして、間に入って言葉をリレーし交渉事の真ん中で双方の言い分を
捌く、という仕事のはらむ矛盾も見せつけられたという感じ。

人間、大抵の対立は、どちらも正しいしどちらも違うのだ。
間に入るということは、どちらサイドにも「この人は自分の方の味方だ」
と思わせて、実際は自分の信じる「正しいこと」「こうあるべきこと」を
信じて、その方向へと交渉を誘導していくしかない。
結果、どうしても「自分の有利な方に話を進めている」と思われがちになり
最終的には 「買弁」と呼ばれる、とこういうわけだ。

なるほどなぁ。
「買弁」という言葉、物凄く本質を突いている。

そんなこと考えながら、雨模様の象の鼻パークをお散歩した。

その日、久しぶりに大河『新選組!』のラスト9話ぶんを引っ張り出して
見て、自らの使命に 忠実だっただけなのに、旗本に取り立ててもらえた
(やっと!)のも 束の間、あっという間に居場所をなくし斬首刑にまで
なる様子に、 それでも「これからだ」とお互いに言い聞かせる様子に、
我が身を 重ねてさめざめと泣いたりしていた。
最終話には、今は亡き我が演劇人生最大最高の戦友が(薩長側の、悪役で)
出演していることもあり。。
もう、涙が止まらず。

泣きすぎて頭が痛かったので、雨の中しっとり濡れながら歩いたのだ。

象の鼻というのは、横濱港で最古の防波堤だ。
黒船来航当時、江戸&浦賀からの距離だけで港に選ばれた漁村に、
幕府が最初に築いた港湾施設。
以来150年ものあいだ現役だった防波堤が、このほど少し復元され
公園に造成された。

‥‥てゆーか。近藤勇が試衛館にいた頃から、幕府はこんなもの作って
国を開く準備に入っていたわけで。攘夷も何もないわけだ。実際は。

礎となった防波堤。
幕府が崩壊したことによって、居場所をなくした侍たち。
「買弁」と呼ばれても洋の東西を繋いでいたご先祖さまたち。
外国に切り売りされつつも、外国人たちから新しいものをどんどん
吸収し、やがて独自の文化を花開かせ諸外国と対等に渡り合える
ようになっていった、横濱のまち、港。

わたしの人生は、ご先祖さまたちとふるさと横濱に、学ぶところがある。





薛珠麗(せつ しゅれい)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:39 | category: |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shurei-s.jugem.jp/trackback/113
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links