___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 女性誌『クロワッサン』掲載のお知らせ
雑誌掲載のお知らせです。

2年前には「『レ・ミゼラブル』トリビア」というページを
見開き&顔写真付きで掲載していただきました女性誌
『クロワッサン』の6月10日発売号に、とある映画の
レビューを書きました。

演劇に造詣の深い担当編集者の方が「是非薛さんに!」と
仰ってくださった映画です。
何しろわたしは普段それほど映画を見る方ではないので、
「何故わたしに映画のレビューのお話が?」と少しだけ
戸惑いがあったのですが、試写を見て、納得しました。
非常に具体的に、わたしでないと書けない内容を書いたと
思います。

10年くらい前からわたしの活動をご存知、という方には
特にお分かり戴ける‥‥懐かしんで戴けるのではないかと思います。

是非お手にとってご覧くださいませ!

追伸:今回はわたしの写真はありませんのでご安心ください!笑


薛 珠麗(せつ しゅれい Shurei Sit)

web拍手
| comments(0) | - | 00:10 | category: |
# 魔女になるのだ。
まず大釜を用意するのだ。

大きくて丸くて、分厚くて真っ黒で、どっしりとした把手がついた、
いかにも魔女らしい大釜だ。
ごうごうと燃える火にかけて、オールとしても使えそうなくらい
大きな杓子も用意する。

そこに放り込むのだ。

今までの人生すべて。

好きだったあの物語の中からわたしの胸に飛び込んできて
身体の奥に刺さったままのあの叫びも、
かつて猛り狂ってわたしを踊らせた赤い靴のようなあの恋も、
小さな頃に「大人になっても忘れたくない」と胸を熱くして
何度も読み返したあのお伽噺も、
あの日「神さま何故ですか」と繰り返す以外どうすることも
できなかったあの怒り悔しさも、
単純な子供の生活を送っていたわたしを時おり襲った、あの
恐ろしく寂寥とした虚しさも、
今も耳に残る、命半ばでこの世を去ったあの人の声も、
身の回りのお気に入りのモノたち一つ一つの豊かな手触りも、
あの夜、星空を泣き濡らすように心に染み込んだあの歌も、
大好きなあの人の、わたししか知らないあの煌めきも。

毎日毎日積み重ねるように磨きあげてきた腕によりかけて。
何年もかけて薬草を摘み調合し練り上げてきたスパイスも、
たんまり混ぜ込んで。

全て、そう本当に全部を、大釜に放り込んで。
ぐつぐつと煮込んで煮詰めて、そこで生まれたものたちを
また大釜に放り込んで、また煮詰めて。

全ての味が跡形もなくまろやかに溶け合って、他ならぬ
わたしの味のスープになる。
自分の身も削り骨も削り、あらゆる味を内包しながらも
強烈に「わたし」味のスープを作り出すのだ。

魔女のスープは、魔法のスープ。

蕩けるように芳醇な、命の官能のスープ。

魔女にだけ許された甘美な悦びを、味わい尽くそう。




薛珠麗(せつ しゅれい)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:38 | category: |
# 意を決して!
わたくし薛 珠麗(せつ しゅれい)のここからの仕事の歩みを
書き残してゆこうと思い立ち、ブログを始めることにしました。

本名で書くのはなかなか度胸が要ります。
こうなったら、誰に見られても恥ずかしくない生活をし
お仕事で関わる皆さんが立ち寄られても困らない文章を書かなければ!

タイトルにした「evidence」というのは「そこにいた痕跡」「証拠」
という意味の英語です。

とりあえず、ひっそりと。始めます!

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:48 | category: |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links