___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 薛 珠麗 プロフィール
以下、2014年8月付けの薛 珠麗のプロフィールになります。
でも本気で長いので、簡単なプロフィールでしたらこちらをご覧ください。


*****



薛 珠麗(せつ しゅれい)

略歴:

横濱出身
国際基督教大学卒業

1992年 宮本亜門氏のミュージカル・スタッフ・ワークショップに1年間参加
1994年 tpt(シアタープロジェクト・東京)に丁稚奉公に入って修行を開始
1995年 英米人演出家の通訳となる
1998年 戯曲翻訳に進出
2002年 演出に進出
2007年 tptを離れる
2008年 劇作に進出
2009年 第1回小田島雄志翻訳戯曲賞受賞
2012年 演劇通訳を引退、主軸を【戯曲翻訳】【演出】へ
      『英語で読むミュージカル』の活動を開始


■演出:

2013年 『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』(音楽実験室 新世界)
2007年 『ストレス解消センター行き/母からの手紙』(銀座みゆき館
ギィ・フォワシーシアター)
2006年 『橋の上の男』(シアターX ギィ・フォワシィシアター)
2005年 『CLOSER』(ベニサン・ピット tptワークショップ)
2002年 『蜘蛛女のキス』(ベニサン・ピット tpt製作)


■劇作&演出補&演出家通訳:

2008年 『1945』(世田谷パブリックシアター
             共作及び演出:ロバート・アラン・アッカーマン)


■戯曲翻訳&演出補/演出助手/演出家アシスタント&通訳:

2009年 『ストーン夫人のローマの春』(パルコ劇場
                     作:テネシー・ウィリアムズ
                       マーティン・シャーマン
                     演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
2008年 『バーム・イン・ギリヤド』(シアターモリエール
                    演出:アッカーマン)

(以下、全て劇場はベニサン・ピット、製作tpt)
2007年 『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・クシュナー)
                      演出:アッカーマン)
2004年 『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・クシュナー)
                      演出:アッカーマン)
2001年 『ブルールーム』(作:デヴィッド・ヘアー
               演出:デヴィッド・ルヴォー)
2000年 『地獄のオルフェ』(作:テネシー・ウィリアムズ 
                演出:ジョナサン・バトレル)
      『Naked-裸』(作:ピランデッロ 演出:ルヴォー)
1999年 『令嬢ジュリー』(作:ストリンドベリ 演出:ルヴォー)
      『債鬼』(作:ストリンドベリ 演出:ジョナサン・バトレル)
      『橋からの眺め』(作:アーサー・ミラー 演出:アッカーマン)
      『愛の勝利』(作:マリヴォー 演出:ルヴォー)
      
      
■戯曲翻訳:                  

2014年 ミュージカル『レディ・ベス』(帝国劇場 演出:小池修一郎)
2012年 ミュージカル『キャバレー』(再演)
2010年 『ハーパー・リーガン』(パルコ劇場 演出:長塚圭史)
      ミュージカル『キャバレー』(ホリプロ製作 日生劇場 演出:小池修一郎)
2009年 ミュージカル『ナイン』(ル・テアトル銀座 演出:G2)
2007年 ミュージカル『the Who's TOMMY』(日生劇場 演出:いのうえひでのり)
2006年 『スラブ・ボーイズ』(tpt製作 ベニサン・ピット 演出:千葉哲也)
1998年 『勝利』(作:ストリンドベリ tpt製作 ベニサン・ピット)


■演出補:

2013年 『TRUE WEST〜本物の西部〜』(SePT 演出:スコット・エリオット)
 

■演出補/演出助手/演出家アシスタント&通訳:

2014年 『昔の日々』(日生劇場 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2012年 『ルドルフ THE LAST KISS』(帝国劇場 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2007年 『ヴェニスの商人』(ホリプロ製作 演出:グレゴリー・ドーラン)
2006年 『アンデルセン・プロジェクト』(世田谷パブリックシアター
                      演出:ロベール・ルパージュ)

(以下、全てtpt)

2005年 『ナイン THE MUSICAL』(アートスフィア 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2004年 『三人姉妹』(ベニサン・ピット 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
      『楡の木陰の欲望』(シアター1010 演出:アッカーマン)
      『TRUE WEST』(東京グローブ座 演出:アリ・エデルソン)
2003年 『シカゴの性倒錯』(ベニサン・ピット 演出:エデルソン)
      『時間ト部屋』(ベニサン・ピット 演出:トーマス・ニーハウス)
      『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』(ベニサン・ピット
                         演出:エデルソン)  
      『トイヤー』(東京グローブ座 演出:アッカーマン)
2002年 『BENT』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
      『bash』(ベニサン・ピット 演出:デヴィッド・ゴサード)
2001年 『結婚』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
      『ガラスの動物園』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
2000年 『蜘蛛女のキス』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)  
      『薔薇の花束の秘密』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)  
      『LONG AFTER LOVE』(ベニサン・ピット)
1998年 『ルル』(ベニサン・ピット 演出:ルヴォー)  
      『娘に祈りを』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
1997年 『署名人/マッチ売りの少女』(ベニサン・ピット 
                     演出:ジョン・クローリー)
      『イサドラ』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
1996年 『マクベス』(銀座セゾン劇場 演出:ルヴォー)  
      『エレクトラ』(ベニサン・ピット 演出:ルヴォー)
1995年 『葵上/班女』(ベニサン・ピット 演出:ルヴォー)


■翻訳&海外アーティストと日本人演出家との間の通訳:

2011年 ミュージカル『MITSUKO』(梅田芸術劇場、中日劇場、青山劇場公演
                    作演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
2010年 ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
                   (宝塚歌劇団月組
                    演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
      コンサート『MITSUKO/Frank & Friends』
                   (Bunkamura オーチャードホール
                    作曲:フランク・ワイルドホーン
                    作演出:小池修一郎)
2008年 ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
                   (宝塚歌劇団星組
                    演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
2006年 ミュージカル『Never Say Goodbye』
                  (宝塚歌劇団宙組 作演出:小池修一郎
                   作曲:フランク・ワイルドホーン)
2005年 コンサート『MITSUKO』(ウィーンで一晩限りの公演
                   作演出:小池修一郎
                   作曲:フランク・ワイルドホーン)


■『英語で読むミュージカル』講座の講師:

2014年 特別編! with 指揮者=塩田明弘さん
2013年 第4回『RENT』
2012年 第3回『レ・ミゼラブル』
      第2回『オペラ座の怪人』
      第1回『レ・ミゼラブル』


■海外アーティストの通訳:

2005年から2012年まで フランク・ワイルドホーン来日の際の全ての通訳
2011年 映画監督スティーブン・ソダーバーグの宝塚歌劇団訪問の際の通訳
2007年 『世界陸上』開会式出演の際のサラ・ブライトマンの通訳


■制作助手:

1996年 『DORA〜100万回生きたねこ』(ホリプロ製作、東京芸術劇場)


■大道具さん付き通訳:

1996年 ミュージカル『蜘蛛女のキス』(アートスフィア【現:銀河劇場】)
1995年 ミュージカル『回転木馬』(帝国劇場)


■美術家付き通訳:

1997年 『白夜』(演出:大鷹明良 美術:パメラ・マクベイン)
1995年 『渦巻』(演出:宮本亜門 美術:ルーシー・ホール)
      『三人姉妹』(演出:デヴィッド・ルヴォー
             美術:ヴィッキー・モーティマー)
      『チェンジリング』(同上)
1994年 『双頭の鷲』(同上)
      『エリーダ〜海の夫人〜』(同上)
      『ヘッダ・ガブラー』(同上)

(以上全て劇場はベニサン・ピット、製作はtpt)


■監督アシスタント&翻訳 劇場用映画:

2008年 『ラーメンガール』(ロバート・アラン・アッカーマン監督
                ブリタニー・マーフィ&西田敏行主演)


■歌詞を提供した楽曲:

2014年 アルバム『ベスト・オブ・ミュージカル』
          『Love Changes Everything』訳詞
          『You'll Never Walk Alone』日本語詞
2005年 アルバム『Love Collection』
          『幸せをかぞえて』作詞
2002年 アルバム『ベスト・ミュージカル 4 Knights』
          『Love Changes Everything』訳詞
                            いずれも歌唱は岡幸二郎



(敬称略)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:25 | category: profile |
# 薛珠麗 プロフィール
以下、2013年6月付けの薛 珠麗のプロフィールになります。
でも本気で長いので、簡単なプロフィールでしたらこちらをご覧ください。


*****



薛 珠麗(せつ しゅれい)

略歴:

横濱出身
国際基督教大学卒業

1992年 宮本亜門氏のミュージカル・スタッフ・ワークショップに1年間参加
1994年 tpt(シアタープロジェクト・東京)に丁稚奉公に入って修行を開始
1995年 英米人演出家の通訳となる
1998年 戯曲翻訳に進出
2002年 演出に進出
2007年 tptを離れる
2008年 劇作に進出
2009年 第1回小田島雄志翻訳戯曲賞受賞
2012年 演劇通訳を引退、主軸を【戯曲翻訳】【演出】へ
      『英語で読むミュージカル』の活動を開始


■演出:

2013年 『楽屋〜流れ去るものはやがてなつかしき〜』(音楽実験室 新世界)
2007年 『ストレス解消センター行き/母からの手紙』(銀座みゆき館
ギィ・フォワシーシアター)
2006年 『橋の上の男』(シアターX ギィ・フォワシィシアター)
2005年 『CLOSER』(ベニサン・ピット tptワークショップ)
2002年 『蜘蛛女のキス』(ベニサン・ピット tpt製作)


■劇作&演出補&演出家通訳:

2008年 『1945』(世田谷パブリックシアター
             共作及び演出:ロバート・アラン・アッカーマン)


■戯曲翻訳&演出補/演出助手/演出家アシスタント&通訳:

2009年 『ストーン夫人のローマの春』(パルコ劇場
                     作:テネシー・ウィリアムズ
                       マーティン・シャーマン
                     演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
2008年 『バーム・イン・ギリヤド』(シアターモリエール
                    演出:アッカーマン)

(以下、全て劇場はベニサン・ピット、製作tpt)
2007年 『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・クシュナー)
                      演出:アッカーマン)
2004年 『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・クシュナー)
                      演出:アッカーマン)
2001年 『ブルールーム』(作:デヴィッド・ヘアー
               演出:デヴィッド・ルヴォー)
2000年 『地獄のオルフェ』(作:テネシー・ウィリアムズ 
                演出:ジョナサン・バトレル)
      『Naked-裸』(作:ピランデッロ 演出:ルヴォー)
1999年 『令嬢ジュリー』(作:ストリンドベリ 演出:ルヴォー)
      『債鬼』(作:ストリンドベリ 演出:ジョナサン・バトレル)
      『橋からの眺め』(作:アーサー・ミラー 演出:アッカーマン)
      『愛の勝利』(作:マリヴォー 演出:ルヴォー)
      
      
■戯曲翻訳:                  

2012年 ミュージカル『キャバレー』(再演)
2010年 『ハーパー・リーガン』(パルコ劇場 演出:長塚圭史)
      ミュージカル『キャバレー』(ホリプロ製作 日生劇場 演出:小池修一郎)
2009年 ミュージカル『ナイン』(ル・テアトル銀座 演出:G2)
2007年 ミュージカル『the Who's TOMMY』(日生劇場 演出:いのうえひでのり)
2006年 『スラブ・ボーイズ』(tpt製作 ベニサン・ピット 演出:千葉哲也)
1998年 『勝利』(作:ストリンドベリ tpt製作 ベニサン・ピット)
 

■演出補/演出助手/演出家アシスタント&通訳:

2012年 『ルドルフ THE LAST KISS』(帝国劇場 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2007年 『ヴェニスの商人』(ホリプロ製作 演出:グレゴリー・ドーラン)
2006年 『アンデルセン・プロジェクト』(世田谷パブリックシアター
                      演出:ロベール・ルパージュ)

(以下、全てtpt)

2005年 『ナイン THE MUSICAL』(アートスフィア 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2004年 『三人姉妹』(ベニサン・ピット 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
      『楡の木陰の欲望』(シアター1010 演出:アッカーマン)
      『TRUE WEST』(東京グローブ座 演出:アリ・エデルソン)
2003年 『シカゴの性倒錯』(ベニサン・ピット 演出:エデルソン)
      『時間ト部屋』(ベニサン・ピット 演出:トーマス・ニーハウス)
      『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』(ベニサン・ピット
                         演出:エデルソン)  
      『トイヤー』(東京グローブ座 演出:アッカーマン)
2002年 『BENT』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
      『bash』(ベニサン・ピット 演出:デヴィッド・ゴサード)
2001年 『結婚』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
      『ガラスの動物園』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
2000年 『蜘蛛女のキス』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)  
      『薔薇の花束の秘密』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)  
      『LONG AFTER LOVE』(ベニサン・ピット)
1998年 『ルル』(ベニサン・ピット 演出:ルヴォー)  
      『娘に祈りを』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
1997年 『署名人/マッチ売りの少女』(ベニサン・ピット 
                     演出:ジョン・クローリー)
      『イサドラ』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
1996年 『マクベス』(銀座セゾン劇場 演出:ルヴォー)  
      『エレクトラ』(ベニサン・ピット 演出:ルヴォー)
1995年 『葵上/班女』(ベニサン・ピット 演出:ルヴォー)


■翻訳&海外アーティストと日本人演出家との間の通訳:

2011年 ミュージカル『MITSUKO』(梅田芸術劇場、中日劇場、青山劇場公演
                    作演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
2010年 ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
                   (宝塚歌劇団月組
                    演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
      コンサート『MITSUKO/Frank & Friends』
                   (Bunkamura オーチャードホール
                    作曲:フランク・ワイルドホーン
                    作演出:小池修一郎)
2008年 ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
                   (宝塚歌劇団星組
                    演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
2006年 ミュージカル『Never Say Goodbye』
                  (宝塚歌劇団宙組 作演出:小池修一郎
                   作曲:フランク・ワイルドホーン)
2005年 コンサート『MITSUKO』(ウィーンで一晩限りの公演
                   作演出:小池修一郎
                   作曲:フランク・ワイルドホーン)


■『英語で読むミュージカル』講座の講師:

2013年 第4回『RENT』
2012年 第3回『レ・ミゼラブル』
      第2回『オペラ座の怪人』
      第1回『レ・ミゼラブル』


■海外アーティストの通訳:

2005年から2012年まで フランク・ワイルドホーン来日の際の全ての通訳
2011年 映画監督スティーブン・ソダーバーグの宝塚歌劇団訪問の際の通訳
2007年 『世界陸上』開会式出演の際のサラ・ブライトマンの通訳


■制作助手:

1996年 『DORA〜100万回生きたねこ』(ホリプロ製作、東京芸術劇場)


■大道具さん付き通訳:

1996年 ミュージカル『蜘蛛女のキス』(アートスフィア【現:銀河劇場】)
1995年 ミュージカル『回転木馬』(帝国劇場)


■美術家付き通訳:

1997年 『白夜』(演出:大鷹明良 美術:パメラ・マクベイン)
1995年 『渦巻』(演出:宮本亜門 美術:ルーシー・ホール)
      『三人姉妹』(演出:デヴィッド・ルヴォー
             美術:ヴィッキー・モーティマー)
      『チェンジリング』(同上)
1994年 『双頭の鷲』(同上)
      『エリーダ〜海の夫人〜』(同上)
      『ヘッダ・ガブラー』(同上)

(以上全て劇場はベニサン・ピット、製作はtpt)


■監督アシスタント&翻訳 劇場用映画:

2008年 『ラーメンガール』(ロバート・アラン・アッカーマン監督
                ブリタニー・マーフィ&西田敏行主演)


■歌詞を提供した楽曲:

2005年 アルバム『Love Collection』
          『幸せをかぞえて』作詞
2002年 アルバム『ベスト・ミュージカル 4 Knights』
          『Love Changes Everything』訳詞
                            いずれも歌唱は岡幸二郎



(敬称略)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:00 | category: profile |
# 薛 珠麗 プロフィール
薛 珠麗(せつ しゅれい)

略歴:

国際基督教大学卒業

1992年 宮本亜門氏のミュージカル・スタッフ・ワークショップに1年間参加
1994年 tptに丁稚奉公に入る
1995年 英米人演出家の通訳となる
1998年 戯曲翻訳に進出
2002年 演出に進出
2008年 劇作に進出
2009年 第1回小田島雄志翻訳戯曲賞受賞


美術家通訳として関わった演劇作品:

1994年 『ヘッダ・ガブラー』(演出:デヴィッド・ルヴォー 
                 美術:ヴィッキー・モーティマー)
      『エリーダ〜海の夫人〜』(同上)
      『双頭の鷲』(同上)
1995年 『チェンジリング』(同上)
      『三人姉妹』(同上)
      『渦巻』(演出:宮本亜門 美術:ルーシー・ホール)
1997年 『白夜』(演出:大鷹明良 美術:パメラ・マクベイン)

(以上全て劇場はベニサン・ピット、製作はtpt【シアタープロジェクト・東京】)


バックステージ通訳として関わった演劇作品:

1995年 ミュージカル『回転木馬』(帝国劇場)
1996年 ミュージカル『蜘蛛女のキス』(アートスフィア【現:銀河劇場】)


制作助手として関わった演劇作品:

1996年 『DORA〜100万回生きたねこ』(ホリプロ製作、東京芸術劇場)


演出家の通訳及びアシスタント/演出助手/演出補として関わった演劇作品:

1995年 『葵上/班女』(ベニサン・ピット 演出:デヴィッド・ルヴォー)
1996年 『エレクトラ』(同上)  
      『マクベス』(銀座セゾン劇場 演出:ルヴォー)
1997年 『イサドラ』(ベニサン・ピット 
             演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
      『署名人/マッチ売りの少女』(ベニサン・ピット 
                     演出:ジョン・クローリー)
1998年 『娘に祈りを』(ベニサン・ピット 
              演出:ロバート・アラン・アッカーマン)  
      『ルル』(ベニサン・ピット 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2000年 『LONG AFTER LOVE』(ベニサン・ピット)  
      『薔薇の花束の秘密』(ベニサン・ピット 
                 演出:ロバート・アラン・アッカーマン)  
      『蜘蛛女のキス』(同上)
2001年 『結婚』(同上)
      『ガラスの動物園』(同上)
2002年 『bash』(ベニサン・ピット 演出:デヴィッド・ゴサード)
      『BENT』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
2003年 『トイヤー』(東京グローブ座 演出:アッカーマン)
      『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない』(ベニサン・ピット
                         演出:アリ・エデルソン)  
      『時間ト部屋』(ベニサン・ピット 演出:トーマス・ニーハウス)
      『シカゴの性倒錯』(ベニサン・ピット 演出:アリ・エデルソン)
2004年 『TRUE WEST』(東京グローブ座 演出:アリ・エデルソン)
      『楡の木陰の欲望』(シアター1010 演出:アッカーマン)
      『三人姉妹』(ベニサン・ピット 演出:アッカーマン)
2005年 『ナイン THE MUSICAL』(アートスフィア 演出:ルヴォー)

             (以上全てtpt【シアタープロジェクト・東京】)

2006年 『アンデルセン・プロジェクト』(世田谷パブリックシアター
                      演出:ロベール・ルパージュ)
2007年 『ヴェニスの商人』(ホリプロ製作 演出:グレゴリー・ドーラン)
2012年 『ルドルフ THE LAST KISS』(帝国劇場 演出:ルヴォー)

海外アーティストと日本人演出家との間の通訳及び翻訳を務めた演劇作品:

2005年 コンサート『MITSUKO』(ウィーンで一晩限りの公演
                   作演出:小池修一郎
                   作曲:フランク・ワイルドホーン)
2006年 ミュージカル『Never Say Goodbye』
                  (宝塚歌劇団宙組 作演出:小池修一郎
                   作曲:フランク・ワイルドホーン)
2008年 ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
                   (宝塚歌劇団星組
                    演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
2010年 コンサート『MITSUKO/Frank & Friends』
                   (Bunkamura オーチャードホール
                    作曲:フランク・ワイルドホーン
                    作演出:小池修一郎)
      ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
                   (宝塚歌劇団月組
                    演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)
2011年 ミュージカル『MITSUKO』(梅田芸術劇場、中日劇場、青山劇場公演
                    作演出:小池修一郎
                    作曲:フランク・ワイルドホーン)


戯曲翻訳のみの演劇作品:                  

1998年 『勝利』(作:ストリンドベリ tpt製作 ベニサン・ピット)
2006年 『スラブ・ボーイズ』(tpt製作 ベニサン・ピット 演出:千葉哲也)
2007年 ミュージカル『the Who's TOMMY』(日生劇場 演出:いのうえひでのり)
2009年 ミュージカル『ナイン』(ル・テアトル銀座 演出:G2)
2010年 ミュージカル『キャバレー』(ホリプロ製作 日生劇場 演出:小池修一郎)
      『ハーパー・リーガン』(パルコ劇場 演出:長塚圭史)
 

演出家通訳及びアシスタント/演出助手/演出補並びに戯曲翻訳を手掛けた演劇作品:

1999年 『愛の勝利』(作:マリヴォー 演出:デヴィッド・ルヴォー)
      『橋からの眺め』(作:アーサー・ミラー
               演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
      『債鬼』(作:ストリンドベリ 演出:ジョナサン・バトレル)
      『令嬢ジュリー』(作:ストリンドベリ 演出:デヴィッド・ルヴォー)
2000年 『Naked-裸』(作:ピランデッロ 演出:デヴィッド・ルヴォー)
      『地獄のオルフェ』(作:テネシー・ウィリアムズ 
                演出:ジョナサン・バトレル)  
2001年 『ブルールーム』(作:デヴィッド・ヘアー
               演出:デヴィッド・ルヴォー)
2004年 『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・クシュナー)
                      演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
2007年 『エンジェルス・イン・アメリカ』(作:トニー・クシュナー)
                      演出:ロバート・アラン・アッカーマン)

  (以上、全て劇場はベニサン・ピット、製作tpt【シアタープロジェクト・東京】)

2008年 『バーム・イン・ギリヤド』(シアターモリエール
                    製作:the company
                    演出:ロバート・アラン・アッカーマン)
2009年 『ストーン夫人のローマの春』(パルコ劇場
                     作:テネシー・ウィリアムズ
                       マーティン・シャーマン
                     演出:ロバート・アラン・アッカーマン)

劇作及び演出家通訳及び演出補を手掛けた演劇作品:

2008年 『1945』(世田谷パブリックシアター
             製作:the company
             共作及び演出:ロバート・アラン・アッカーマン)

演出した演劇作品:

2002年 『蜘蛛女のキス』(ベニサン・ピット tpt製作)
2005年 『CLOSER』(ベニサン・ピット tptワークショップ)
2006年 『橋の上の男』(シアターX ギィ・フォワシィシアター)
2007年 『ストレス解消センター行き/母からの手紙』(銀座みゆき館
                          ギィ・フォワシィシアター)

監督アシスタント及び翻訳を手掛けた劇場用映画:

2008年 『ラーメンガール』(ロバート・アラン・アッカーマン監督
                ブリタニー・マーフィ&西田敏行主演)

歌詞を提供した楽曲:

アルバム『ベスト・ミュージカル 4 Knights』の『Love Changes Everything』訳詞
アルバム『Love Collection』の『幸せをかぞえて』作詞
                            いずれも歌唱は岡幸二郎

(敬称略)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:49 | category: profile |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links