___evidence*___薛珠麗's BLOG

薛 珠麗(せつ しゅれい)のブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 『RENT』愛、炸裂中。
今週末、わたしが不定期に行っている【英語で読むミュージカル】の第4弾として
『RENT』を取り上げるので、朝も夜も『RENT』漬け。

つまり、わたし的には【極楽】な時間である。

『RENT』は主要な役のほとんどにオリジナル・キャストを配した映画もあるし、
ブロードウェイのロングランの千秋楽をそのまま収録したDVDも売られている。
1996年に登場した際、まさに【彗星の如く】という鮮烈さで注目を集めた
作品でもあるし、もちろん日本でも翻訳上演も来日公演も何度となく行われている
から、わたしのように『RENT』が大好きな皆さんは、きっとたくさんの
形でこの作品と出逢ったのだろうなぁ、と想像する。

わたしの場合、まずブロードウェイのオリジナルキャスト・アルバムだった。
実は普段はブロードウェイなどの新作にそれほど関心があるわけでないわたしに、
ブロードウェイで早速観て来た友達が「いいから聴いて!とにかく聴いて!」と
自分用に買ったCDをわたしにポン、とくれたのだ。

最初の衝撃は「楽曲がかっこいい♪」と、「詩があまりに深い‥‥」のどちら
だったか、覚えていない。恐らくは両方だ。

楽曲のかっこよさは、とにかくロンドンもののミュージカルばかりを聴き慣れていた
わたしの耳には、ひたすら新鮮だった。当時入って来始めていたウィーンものの
ロック感とも全然違う、1970年代に多く作られたロック・ミュージカルとも
全然違う、【いま】を切り取ったような、清々しく駆け抜けるような、エッジ。

そして、歌詞だ。
『RENT』の歌詞は、【歌詞】なんてものじゃない!と表題曲『RENT』を
聴いて衝撃!すぐ後に続くロジャーの『One Song Glory』を聴いて衝撃!!
物語が進むごとにどんどん衝撃!!!という感じ。

【歌詞】でないなら何なのか。
【詩】である。
音楽と相乗してドラマや想いを伝えるものが【歌詞】であるならば、
『RENT』の言葉は音楽と分ち難く呼吸しながら、同時に、時代をつんざく
叫びのような鋭さとチカラを持っていた。
少ない言葉数でわたしの世界を丸ごと揺さぶるような、作品世界の匂いまで
伝えるような、大きさと体温を持っていた。
同じ時代を生きながら、わたしなどは想像もできない毎日を生きる誰かの想いを
生々しく想像させる、的確さと深みを、持っていた。

明日には仲間が死ぬかも知れない。次には自分が死ぬかも知れない。
そんな中でもがき、願い、絶望し、愛し、戦い、失い、みつけ。

この命の火が消える前に、一つでいい、一つでいいから、永遠に灯り続ける
何かを残したい___

これらが全て、夢見た成功を目の前にして突然この世を去った、無名の
ミュージカル作家が遺した、最期の言葉なのか‥‥!
当然ながら当時から話題の中心にあった、作者=ジョナサン・ラーソンの
『RENT』プレビュー初日当日の突然の死と相まって、言葉がとにかく
ガンガン刺さって刺さって、もう聴くだけで満身創痍、という感じだった。

舞台を観るまでもなく、CDを聴いただけで「一番好きなミュージカルの一つ」と
公言していたような気がする。

実際の舞台に触れることができたのは、ロンドン・ウェストエンドの
Shaftesbury Theatre だ。1998年6月26日。
開幕したばかりのロンドン公演には、何と男性の主要人物全員のオリジナル・
キャストが出演していた。
オリジナル・キャストを観るのはどんなミュージカルでも嬉しいものだが、
『RENT』の場合は格別な気がする。
ちなみに観られたのはロジャー役の Adam Pascal、マーク役の Anthony Rapp、
エンジェル役の Wilson Jermaine Heredia、そしてコリンズ役の Jesse L. Martin。

これがもう、凄かった。

ひっぱたかれるみたいな。鞭で打たれるみたいな。身体に感じる、衝撃。
【命の叫び】としか、言いようがない。

何百回聴き続けた大好きなOC盤が、わたしはこの後、何か月も聴けなくなった。
あれほど突き刺さって痛かったCDの歌が、平坦に、味気なく思えるのである。
それほどまでに、彼らの__主にオリジナル・キャスト、つまりジョナサン・
ラーソンを知る彼らの__歌は、叫びは。凄まじいものだった。

2幕などは、もう劇場全体が涙を貯める瓶のようになっていた。
隣で観ていた、英語がまるでわからない同僚も、涙の瓶と化していた。
‥‥いや、【泣けた】とかそういう安っぽい言葉で感動を表したくないのだが、
客席全体が眼球も溶け出しそうな勢いで泣いていたことに打ちのめされたの
だから、書かずにはいられない。

この時の舞台で、わたしは忘れられない光景に出逢った。

といっても特別な何かではなく。
【椅子に座るエンジェル、その斜め後ろに立つコリンズ】
という、何でもない光景。

わたしは自慢じゃないが(いや、自慢だ!)物凄く素敵なラブ・シーンをたくさん、
観てきた。わたしの大好きな演出家たちは同時にわたしの師匠でもあるが、いずれも
想いとぬくもりが通うラブ・シーン、情熱的でかつ美しい性の描写が、はっきり言って、
得意だ。彼らのおかげで、こと【色気】という面では江戸時代より大幅に後退している
日本の演劇界(特にミュージカル!)にあって、本当に素敵なラブ・シーンに、
スタッフとして観客として、立ち会わせてもらった自負がある。おかげでわたし自身の
演出修行においても【ラブ・シーン】は殊の外、重要な位置を占めてもいる。
「得意」とはさすがに言えないが、「ラブ・シーン、大好き!」とは公言している。

そんなわたしだが、この時の【椅子に座るエンジェル、その斜め後ろに立つコリンズ】
ほど、愛と慈しみと優しさと官能が2人の人間の間にあたたかく流れる様子を、瞬間を、
舞台上で観たことはない。

舞台の上に【愛】がそのまま、載っている。

それがわたしにとっての、『RENT』最大の感動だ。

舞台に【愛】がそのまま載っているから、そこには叫びも、夢も、ユーモアも、
闘いも、ぬくもりも、醜さも、微笑みも、残酷さも、悲しみも、喪失も、再生も、
希望もある。

【愛】だからといって、万事が優しくほのぼのしたものなわけなど勿論なく。
むしろ、その反対で。

『RENT』の言葉は、人間の愛が取り得るあらゆる形を、生きている。

今週末の【英語で読むミュージカル】第4回『RENT』編では、その一端でも
感じてもらえるように、読み解いていきたいと思っている。

皆さま、お待ちしております。
改めて、詳細はこちらに。


以下に、おまけ。

1998年6月、『RENT』を初めて観た時に書いたレポを、採録します。
15年前のわたしの『RENT』感想、例によってかなりの長文ですが、
興味のある方はどうか、読んでやってください。


続きを読む >>
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:05 | category: |
# 打ち鳴らされるサイレンの警鐘
野田秀樹さん『ザ・キャラクター』を観てきました。

わたしは終わり近く、思わず立ち上がりそうになりました。
終演するより前に席を立とうとした、ということではありません。

何てことだろうと。
何てことをわたしはわたしたちは人間は、忘れていたのだろうと。

解決することや納得することは到底できないまでも、
自分の中で1本、ピンを刺しておかなくてはならなかった出来事を
わたしは物凄い勢いでひき逃げしていたのだ、という事実に
気づいてしまい、もう居ても立ってもいられなくなったのでした。

15年。

あれほどの怒りを、放置して15年。

わたしはわたしたちは人間は、何をしてきたのか。

このままで、いいわけがない、と。




テクニカルな面も素晴らしい舞台でした。
書や墨をセットに使うというのは、どれだけ大変なことだろう。
恐ろしい記憶を呼び覚ます鮮烈でイマジネーション豊かな
セットや衣裳や小道具も、一つ一つが美しく、そして演劇的で、
本当に見事でした。

舞台には仲間やかつてご一緒した方がたくさん。

実は2度ほど翻訳という形でご一緒した野田秀樹さんはもちろんのこと。
tpt時代に何度かご一緒した田中哲司さん。
わたしが生涯で一番愛する戯曲『エンジェルス・イン・アメリカ』の
我らが天使役、チョウソンハさん。
『バーム・イン・ギリヤド』でご一緒した野口卓磨さん。

わたしの次回作『ハーパー・リーガン』にご出演の美波さんも。

感性と頭脳と身体が融合する舞台に、全てを総動員して挑む姿が
皆さん本当にかっこよくて美しい。何と研ぎ澄まされた輝きか。


豊かに濃密で透き徹った輝きに彩られて、サイレンの警鐘がわたしの
心の平野を、駆け抜けるように鳴り続けています。


薛 珠麗(せつ しゅれい)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 03:08 | category: |
# 二月大歌舞伎
歌舞伎座にさよならを言い続けて3回めでしょうか、4回めでしょうか。
歌舞伎座は幸せな劇場です。

今回は夜の部の観劇でした。


『壷坂霊験記(つぼさかれいげんき)』
『高杯(たかつき)』
『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』


********************************


『壷坂霊験記(つぼさかれいげんき)』は三津五郎と福助の2人だけ。
ものすごーく想い合う夫婦の、
ものすごーく想い合うゆえの悲劇が、
ものすごーく想い合うゆえのハッピーエンドを迎える物語。
ストーリィ展開は「んなアホな‥‥」以外のナニモノでもないけれども
理不尽なほど悲しいお話がデレデレ&甘甘な幸せ(幸せすぎて脈絡なく
踊ってしまう主人公たち!)にひっくり返るのは見ていて幸せです。
そして、デレデレうきうきが静まった後、最後にまたしみじみと切ないような
幸せが訪れる構成にやられました。ビバお涙頂戴!

『高杯(たかつき)』は勘三郎の下駄タップ!!!
タップの始まり始まり、という時に大向こうから「待ってました!」の声が
かかったのですが、勘三郎がはっきりとそっちを上目遣いで見上げ、
「にっ」と笑ったのです!
もう、やんやの喝采!その恥じらうような、いたずらっ子のような、
可愛くて小さくて悪ーい表情が忘れられません。

舞台芸術とふれるようになってからの年月で、もしかしたら一番「理屈」を
超えているのが中村勘三郎という人かも知れません。
この人の魅力を、どんなに言葉を尽くしても書き表すことができない気がします。
言葉なんて野暮。
もう、『あばた』の超絶映像なんてメじゃありません!
ナマな人間以上の スペクタクルがこの世にあったら見せてくんな!

『籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)』は5年前の襲名の
時にも観た演目です。
5年前の観劇で一番印象に残っているのは、どう見ても人形のようにしか見えない
玉三郎の花魁道中の精緻な美しさ(これ以上の言葉がないのがもどかしい)と
堕ちていく素朴な男の悲哀__そういったことはもちろんですが、それ以上に
忘れられないのは、最後の場での階下の様子を伺う八つ橋の静謐、
そして「たたたん」と計算し尽くされたように倒れたお重___その、様式美。

今回は、勘太郎に泣かされました。
彼が演じる忠実な下男・治六がいいのです。けなげでけなげで、泣けてきます。
勘三郎の次郎左衛門の「籠釣瓶はよく切れるなぁ」の堕ちきって底を突いた
姿も泣けるけれど、それをのちに人から聞いた治六の嘆きを考えると
胸が張り裂ける想いです。そんな、リアリティを感じました。

それにしても、仁左衛門の二枚目っぷりが最強でした。強烈でした。
「匂い立つ」とはこのことか。それでいて切れ味鋭い‥‥

そこに立っているだけで、何というか。完璧でありんす。



(敬称略)



薛珠麗(せつ しゅれい)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 02:45 | category: |
# 『大江戸りびんぐでっど』

『大江戸りびんぐでっど』観てきました。
宮藤官九郎さん作/演出の新作歌舞伎。

ゾンビが花のお江戸で派遣のお仕事をするという荒唐無稽を
歌舞伎座でやってのけちゃうクドカンが素敵!
そんなストーリーだし台詞が現代語だしで、まんま俳優祭の
出し物のようでした。

イマドキなお芝居なので、歌舞伎俳優の力量が丸わかりです。
といってもわたしは伝統的な歌舞伎俳優としての力量を正確に
見定められるほど歌舞伎の知識は持っていませんので、
あくまで「演劇」一般のものさしで観た意見ですが。

もうフツウに本物の女性にしか見えない七之助さんのたおやかさとか。
扇雀さんの物語や人物を伝える巧さとか。
勘太郎さんの人間的で気持ちのいいしなやかさとか。
「演劇」そのものを体現したかのような勘三郎さんの魅力とか。
ケレンを笑う度量を見せた三津五郎さんとか(登場するなり
「トゥース」をやった三津五郎さんってばヒーローだと思う)

皆さん本当に生き生きとそれぞれの輝きで楽しそうに、トンデモナイ
芝居をいい意味の「余裕」を持ってやってのけていて。

この懐の深さこそエンターテインメントであり歌舞伎であるの
だろうなぁ、と改めて。

終演後に観客から聞こえてきた周囲の感想は賛否両論というか
「これはまぁ歌舞伎ではないよね」という意見も多かったし
その気持ちも正直わかるのですが。。先祖代々、歌舞伎座の板の
上で生きてきた、そして生まれてからずっと「歌舞伎」とそれぞれ
向き合って生きてこられた歌舞伎俳優の皆さんが、あれだけ
真っ正面から取り組んでいるのだから、まず受け入れてみること
から始めるのが観客として大切なんじゃないか、と思いました。

幕間にイヤフォンガイドで放送された勘三郎さんとクドカンさんの
対談がおもしろかったです。

「今の時代だって、江戸時代だったら歌舞伎の題材になったような
事件がたくさん起きている。現代の作家である宮藤さんが今の
時代で起きていることを肌で感じて書いた作品を上演できる贅沢」
という話をしていて、心から頷きました。

「今の人たちは今の歌舞伎、今の歌舞伎座しか知らないから
それが歌舞伎、これが歌舞伎座だと思っていると思うけど、
昔から歌舞伎は何でもありだったし、今の歌舞伎座は建てられた
当初、お寺と間違えてお線香もって入ってきちゃった人もいたし
これじゃまるで『銭湯』とも言われていた」という話なども、
たいへん面白く聞けました。

歌舞伎の伝統をしっかりとつなぎつつ新しい試みにも精力的に
斬り込んでいく勘三郎さんの言葉の重み。

迎え撃つクドカンさんは、荒唐無稽で愉快なお話の中で、きちんと
ヒューマンで普遍的なテーマを描いているのがさすがでした。
しっかりテーマがあって、そのテーマをひょうひょうと笑い飛ばしも
するのに、それでもちゃんとしっかりとテーマが残り、そして伝わる
お芝居でした。それを背負い牽引する染五郎さんが、物凄く立派で、
若さと風格を兼ね備えて素晴らしいと思いました。

わたしが観たのは『12月大歌舞伎』の昼公演でしたが、夜の部では
野田秀樹さんの『野田版鼠小僧』の再演をやってます。
昼にクドカンさん、夜に野田秀樹さんの芝居が観られる劇場なんて
他にあるでしょうか?パンフレットには2人のツーショットも。

日本は、国の文化を代表する伝統芸能をいち企業が所有する、という
恐ろしい国ですが、今月の歌舞伎座は間違いなく日本の national
theater と呼ぶべき場であると思います。

他の3本の出し物については書ききれませんでしたが、どれも本当に
見応えのある素晴らしい舞台であったと、書き添えておきます。



薛 珠麗(せつ しゅれい)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:56 | category: |
# 十五代目片岡仁左衛門一世一代『女殺油地獄』
今年の6月21日に、歌舞伎座で『女殺油地獄』を観ました。
別の日記に書いていた感想文を転載します。
この舞台、わたしが今まで体験してきた舞台の中で7本の指に
入るくらい(えらく具体的ですみません)のトンデモナイ舞台でした。

この舞台が、今週の金曜日22:30からNHK教育で放送されます。
「この奇跡はテレビになど映るのか」とずっと疑問でしたが、昨日
たまたま見た『爆笑学問』で少しだけ映像が使われていて。。
わたしの脳が記憶していた映像とぴったり合致。嬉しい。。

甚だしくネタばれですが、観たニンゲンの熱は伝わるかと思い。
観てみてください。損はさせません。


*****



衝撃の舞台だった。
今も、記憶を再生すると、脳のHDDレコーダーがあの突き刺さるような
映像を脳内にリピート再生してくれる。

歌舞伎を完全に様式美と看做して、その観点だけで楽しんだ時もあった。
だけどいつだっただろう、何かの踊りを見た時だ。
そのあまりの神秘、幽玄に、言葉を失うほど魅了されると共に、
そこにまざまざと、しかし静かに映し出された人間の感情、心理の
情景があまりに、どんな現代劇よりも生々しいことに、衝撃を受けたのだ。

この舞台もそうだった。どんな現代劇、心理劇よりもリアルだった。
物語を要約すると、主人公は観客から何一つ共感を得ようがないほど
身も蓋もなく自己中心。遊ぶ金欲しさに借金をし、親に泣かれりゃ改心し、
お金を貸してくれない近所の奥さんの優しさにつけ込んで、理不尽な
理屈をつけて殺してしまう。愚かで浅はかで、理知の視界狭窄も
甚だしい。

この短絡さ幼さは、紛れもなく現代のニュースで多く目にするものだ。
「むしゃくしゃして」「誰でも良かった」「自殺はできないから
人をたくさん殺して死刑になろうと思った」
自らの愚かさを、自分以外の他人に命をもって償わせる、その不条理。
こんな物語を300年近くも昔に書かれてしまったのでは、現代の演劇に
一体何が残されているだろう?とさえ思ってしまう。

何が凄いって、3幕途中までの仁左衛門お得意の「手のつけようのない
放蕩息子だが魅力的で可愛らしいところがあり、憎めない若旦那」が
目の前に横たわる刀がふと目に入った瞬間、カチリとスイッチが入る
瞬間だ。
狂気と殺意のスイッチとは、実はこんなものなのかもしれない。
戦慄のリアリティ。
この時、舞台シモテの油屋のおかみと舞台カミテの主人公・与兵衛という
舞台両側の二つの点に、劇場中の空気が吸い込まれたのが忘れられない。
2つの点に全て吸い取られ、音も立てられない息も出来ない。
全宇宙が、座敷に置かれた刀を睨む与兵衛の鬼の形相と、その餌食と
なるべく曝されたおかみ・お吉のうなじに凝縮されてしまった数秒間。

ついと闇の世界へ滑り込んでしまった彼らを照らす照明が、それを境に
青白くなる。正気と現実の世界に開いた蒼いクレバスに落ちた2人。
外に出れば人がいて他の部屋にはお吉の子供たちがいるというのに、
その部屋はもはや他と断絶された異空間。引き戸を引くことも廊下に出る
ことも叶わない、静かなる阿鼻叫喚の無間地獄。
「油地獄」とはうまく言ったものである。えーい近松め。

そこから2人の人間、2つの肉体が繰り広げる油まみれの、命がけの
死闘はわたしの演劇体験の中でも有数の衝撃だった。

何と云っても、その美しさだ。

いや正確には、その死闘は目を背けたくなるほどに醜い。
「子供が」と若い母親にしてみれば当然すぎる命乞いをするお吉と、
もはや思い出すことすら難しい自分勝手な屁理屈で刀を振るう与兵衛。
倒れた樽から床に溢れ出る油に着物を濡らし、足を取られて転げ回り、
はだけた裾から太ももが飛び出し、結い上げた髪もほどけてざんばらに。
そんな中でもみ合い、逃げ惑い、血で互いを汚し、掴み合う。
激昂に浮かび上がるその醜悪さ。おぞましさ。
でもそれは、どんなものより美しいとわたしは思った。
「様式美」なんてものじゃない。「伝統」も知るもんか。
それはひとつの、人間の極限の景色だった。

何よりもとにかく、仁左衛門の美しさが冴えわたる。
いい加減な若旦那もリアル京おとこにしか出せない艶やかさだが、
狂気にとらわれてからの、まるで月光で描いたような仄青い佇まいは
とても、とても、とーてーもー!65歳とは思えない。
筋肉の存在がくっきりと浮かぶ長い手足が暴れる様は、惨劇を繰り広げる
男の生々しさをまき散らしつつ青いほど白く、本当に生身と思えない。
悲しい、ひらすらに悲しい顔で、しかし黙々と必死の様子でお吉の
帯を引っ掴みぐいぐいとほどく様子は、着物という衣服の淫靡など
軽く超えて、もっと根源的で暴力的なエロスを感じさせた。
わたしは何だか、わけのわからない興奮で息が乱れたような気がする。

冴え渡るような猛々しさの若く美しい男と、
十人並みだが女盛りの、気のいい若おかみ。
しかし2人はまるで、禁断の園で命がけで、血みどろになって愛し合う
アダムとイヴのようだった。
それが、父と息子だというのだから、何ともはや。凄いことだ。。。

油まみれで2人がこけつまろびつするたびに、客席から笑いが
漏れたことが忘れられない。
あれは、笑いたくて笑ったのではないのだ。
テレビのバラエティでも見るように、人が転ぶのがおかしいのでもない。
見ているだけでもあまりの緊張のため、それが思わず呼吸となって
漏れてしまっていたのだ。ガス抜きというか。
それくらい観客は息もできず、与兵衛に翻弄されていたのだと思う。

十五代目片岡仁左衛門の、この公演は『女殺油地獄』の一世一代と
銘打たれた。「この役には生の若さが必要」というのが理由とのことだが、
現実問題として「危険である」ということもあるのだろうと思う。
芝居と分かっていても、背中まで三和土に転がったり座敷に飛び込むような
動きの連続で、見ていて気が気でなかったのも事実だ。
しかし、「生の若さが必要」という部分では、65歳の仁左衛門、
全く何の違和感もなかった。若さ浅はかさの招いた美しくおぞましい
青白き悪の華を、仁左衛門はまるで取り憑かれたように生きていた。
そして、お吉よりも、つまり息子よりも!掛け値なく、若く見えた!!!

とうとう事切れたお吉を油と血しぶきにまみれた豊嶋屋に残して
金を懐に去る花道上の与兵衛が、まるでわたしの脳裏に焼き付けられた
残像のように心を離れない。魂の底から胴震いが起こるような恐怖。
悠然とその場を離れたかに見えて、少しずつ足取りが早くなっていく。
それはとても様式化された、踊りのような型になっていた。
でも、誇張されたかのような一つ一つの表現は、どれも与兵衛が本当に
感じている恐怖と重なって見えた。
リアリティが様式を凌駕し、そうして様式がリアリティを凌駕した。
奇跡を、わたしが目にした瞬間である。

この一夜の奇跡を、わたしは多分、一生語り継ぐ。そんな舞台だった。

*****


薛珠麗(せつ しゅれい)
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:49 | category: |
Profile
Comments
Mobile
qrcode
今宵の月は‥‥
Search this site
Sponsored Links